月雫穂のまったり日記


by gigantlullaby
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

百鬼夜行絵巻

江戸時代の絵師、鳥山石燕が書いたという画図百鬼夜行全画集。
買ってしまった(´∀`)好きなのよ日本の伝説の類

古くは桃太郎伝説、ちょっと前では信On、今は陰陽座の曲タイトルで知った妖怪達が色々載ってるねぇ・・・
ふらり火、叢原火、狂骨・・信でいたなぁ
橋姫・・・越中にいましたな(´ー`)
船幽霊・・・底の抜けたひしゃくを渡すんだ!

面白いのは狸・カワウソ・テン・ムササビが妖怪として載っている事。人を化かすと思われていたのかな?
後半になると、草鞋や箒やお猪口やらの妖怪が出てくるのだけど、「~のような妖怪であると、夢のうちに思ひぬ」という一文が添えられている所からすると創作か?
唐傘お化けみたいな奴も居た ひょっとしたらこの人の創作なのだろーか・・

気に入ったのは「人面樹」って奴。木の幹の部分に顔があるのかと思ったら、
桃の実のような実がなっていてそこに「(´ー`)」って顔が付いているという・・・かわいい。。
添えてある文によると「喋らないけど笑うことしきり。しきりに笑いながら落花する」とあったので
(´∀`)が笑いながらポロポロ落ちていく情景が浮かび吹いた


あと・・・


人魚の上半身は人間の女性にしたほうがいいと思うんだ


ウロコだらけで怖いよママン
[PR]
by gigantlullaby | 2006-07-27 23:37 | 雑記